ブログ

薄毛対策!頭皮の毛穴ケア

頭皮の毛穴にコーティング剤による詰まり対策とケア方法

「頭皮になんとなく違和感がある」「頭皮を触るとベタベタする」こんな経験はありませんか?それはコーティング剤や化学物質が頭皮にたまり毛穴にも影響を与えているかもしれません。今回は毛穴とコーティング剤や化学物質を取り除く方法と毎日のケア方法についてご紹介します。

 

コーティング剤による毛穴詰まり

シャンプーやトリートメントなどに入っているコーティング剤、これらは本来ならば髪をサラサラにする為に配合されています。これらの成分は頭皮の角質をコーティングしてしまう事で髪の毛穴にも影響を及ぼす事があります。頭皮のトラブルや薄毛の原因にもなりかねませんね。

 

 

頭皮にもお肌と同等にターンオーバーがあります。このターンオーバーが正常な働き(29.5日のサイクル)をしていれば角質が堪らず細かいフケとなって頭皮から離れてゆきます。

 

シリコトールは、頭皮と髪を傷ませないで優しくコーティング剤を取り除く処方です。とっても頭皮がスッキリして毛穴が大きくなると髪もしっかりと立ち上がりますよ!

 

薄毛を改善するホームケア

サロンで頭皮と毛穴のケアをした後は、自宅でのケアが欠かせません。美容室でのトリートメント施術の時間はせいぜい1時間ほどですが、月に1度のサロントリートメントより自宅でのケアはその数倍大切にな事です。

自宅でコーティング剤が入ったシャンプーやトリートメントを使い月に1度サロンでコーティング剤を除去しても一向に薄毛対策になりません。そこで自宅でのケア方法をご紹介します。

 

メディーフォーム

メディーフォームは、シャンプーの前にする業界で初めてのトリートメントです。使い方はメディーフォームを8プッシュ程度頭皮につけてその上からシャンプーをします。ディーフォームに配合されているリピジュアはヒアルロン酸の2倍の保湿力。保湿は頭皮のターンオーバーを正常にする効果があります。また、シャンプーの刺激を抑える効果もあり日宅での頭皮ケアには欠かせないトリートメントになります。

 

育毛剤入りシャンプーK+

K+は、シャンプーの中に育毛剤を入れた画期的なシャンプー。使う量は2プッシュなので200mlで4ヶ月もつので以外にも経済的です。しかもこれに使われている洗浄成分はコーティング剤を徐々に取り除く物を選び21種類の天然エキスが頭皮を洗浄し潤いを保ってくれます。何度も言いますが保湿は頭皮のターンオーバーを正常にする効果があり育毛効果が高まります。

この二つの頭皮ケアで

 

コーテング剤による薄毛の原因をお伝えしました。参考にしてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る