ブログ

99%の女性が、自分の本当の髪を知らない理由!?

貴方がいつも触っている髪の事

シャンプーやスタイリング剤など様々な物に「シリコーン」が入るようになったのは今から23年前の事です。まずはシャンプーに配合されるようになりました。ちょうどカラーブーム全盛期の頃です。カラーをするとキューティクルが損傷しそれを修復する目的とツルツルにする目的で配合されました。

リンス、ワックス、ムース、スプレー、アウトバストリートメント、UVクリーム、ファンデーション、口紅、美容液、入浴剤などなど、、、、数えたらキリがありません。

シリコーンは、髪に付いてしまうと1年間取れず貴方は髪を触っているのではなくコーティングされたシリコーンを触っているのです。

 

 

シリコーンが、どう髪に影響するの?

シリコーンが入った物を使うと髪がツルツルになり髪を洗った後に櫛通りが良くなります。その事はとても良い事なのですが繰り返し使うと髪に何層にも重なりコーティングされて行きます。するとコーティングが何かの刺激で剥がれる時髪のキューティクルも一緒に剥がれてしまいます。

シリコーンは、髪をツルツルにする目的で配合されているのですが結局髪を傷ませているのです。

 

薄毛の原因にも

想像してみてください。いつも使っているシャンプーにシリコーンが入っていて頭皮をゴシゴシしている時、毛穴にシリコーンを押し入れているとしたら、、、怖くないですか?当然そうなると毛穴が小さくなり細々とした髪しか生えて来なくなります。

もちろん毛穴だけでなく頭皮もコーティングされて行き本来の頭皮の機能が果たせなくなり不健康な頭皮となり髪が薄くなります。

近年、女性用のカツラが飛ぶように売れているのは、これが原因なんですよ。

 

 

髪のボリュームにも影響しています

本来、シリコンとシリコーンは全く別のものです。シリコンは最近流行りのシリカ、シリコーンは鉱物と金属のシリコンを複雑に科学反応をさせて作られた化学物質です。

先ほどもお伝えしたように髪にシリコーンが付いてしまうと1年間は取れない事と、鉱物と金属で作られたシリコーンは髪に付くと重くなり分け目がぺったんこになります。

 

まとめ

日本で本格的にシリコーンが使われ始めたのが23年程がたちます。皆さんのほとんどの方が自分のキューティクルを触っていない事がお分かり頂けたでしょうか?ワンレンボディコン時代には腰まで長い髪でも艶やかで綺麗な髪の方が多くいましたが、今では黒髮の方でも綺麗な髪の方を見かけなくなりました。

又、カツラも30年前はほとんどが男性向け商品で、女性用のカツラが出て来たのは20年前くらいからです。多分シリコーンの影響があるのかと思われます。なので髪と頭皮には、その場しのぎのツルツル感や艶の為にシリコーンを使う事をお勧めできません。

もしも、この記事の中で当てはまる事が有りましたらご連絡ください。シリコーンを髪を傷ませず取り除き髪と頭皮を改善できます。クレッセントの施術、商品には一切シリコーンを使う事はありませんのでご安心くださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る