ブログ

究極のダイエット!?

怒らないで読んでくださいm(__)m

どうしてダイエットが成功しないか最初にお伝えしますね。
それは食べ過ぎだからです。
「それが出来ないから!!」「食べ過ぎる事を辞めることが出来ないから困っているの!!」とか怒られそうですが最後まで読んでくださいm(__)m
最初に僕の体重の変化、小学生で54キロ、中学生に時には身長が伸びているにも関わらず54キロ(身長1m65cm)、高校3年83キロ(身長1m65cm)、美容学校時代58キロ、31歳73キロ、34歳58キロ、44歳74キロ、46歳54キロ。
4年間リバウンド無し!こんな変動の経験があったからわかった事です。きっと、お役に立てると思います。

 

太ってしまう原因は脳にあります。

太ってしまう「原因を食べ過ぎだから」と聞いて傷ついた方もいらっしゃると思います。ごめんなさいm(__)m
ですが、このカラクリと仕組みを知ればダイエットや健康にも役立つと思います。怒らないで読んでくださいね(^。^)
当然ですが、食べたい!は脳から指令が出て食べたくなることは当たり前ですが、食べれば食べるほど食べたくなるのです。
食べたくなるとは、「アドレナリン」が多く出てしまうからという事をご存知でしょうか?それを詳しく説明しますね。

例えば、甘いケーキを食べたとします。そうすると精製された砂糖は体への吸収が早くすぐに血糖値が上がってしまいます。すると血糖値を下げようとする「インスリン」が分泌され血糖値を下げようとします。
インスリンは、急激な血糖値の上昇により過剰に分泌します。この時に血糖値を正常にしてくれればいいのですが低血糖にしてしまいます。
低血糖値になると今度は身体中の細胞に「糖」が足りなくなり「糖をよこせ!」と細胞が脳にサインを送ります。するとアドレナリンを分泌させてまた甘い物を食べたくなります。
確かに一時的には細胞に「糖」が行きわたりますがこの食べたくなるサイクルは2〜3時間のサイクルで現れます。悪循環がおこりこれがついつい食べてしまう原因です。
又、アドレナリンには、「緊張、闘争心、攻撃性、危機回避などのイライラした感情にもなります。
「疲れた後に甘い物を食べると疲れが取れる」ではなく「血糖値が下がりアドレナリンが出てイライラし甘い物を食べると気持ちが落ち着く」のです。これが太る不サイクルです。甘い物がまた食べたくなる時が不サイクルが始まったと意識して食べる物を変えてみて下さいm(__)m

満腹

「腹八分目」とうい言葉はご存知ですよね。満腹になっている時も上記と同じ様にインスリンが多く出てアドレナリンが出てし又悪循環が始まります。これから忘年会が多くなる季節です。少し控えめにしてくださいね。

人の味覚

味覚は本来は飢えを満たすためにあるものです。味によって栄養があるかないか、腐っていないか、毒がないかを判断する器官の筈ですが人間だけな違いますね。例えば人間の舌は音楽を聞く様に大人になるにつれて変わって行きます。子供の頃はコーヒーが苦くて嫌いだったのに大人になると美味しく感じる。これって動物では「苦い」=「毒」と判断して食べませんが人は徐々に音楽を楽しむ様に苦味を楽しんでいます。

化学調味料などは過剰に美味しく見せかけるために加えられます。そうすると徐々に化学調味料入りの方が美味しく感じてきます。マヨネーズがいい例ですが自分で作るマヨネーズと市販されているマヨネーズとでは全く味が違いますよ。マヨネーズは市販の物の方が美味しく感じるのはそのせいです。

化学調味料を多く取ると舌が麻痺してしまい本来の健康である食事が不味く感じてしまいます。さらに脳がそれを覚えてしまうとなかなか厄介なのです。

糖質オフダイエットは反対です!

僕は、糖質オフダイエットには反対です。糖質オフして細胞に糖が無くなると最初に筋肉から糖を奪って行きます。筋肉が減ると基礎代謝 (体を動かしていない時のエネルギー消費) が下がってしまいリバウンドが激しくなりより太りやすくなります。さらに筋肉も減るので老化してしまいます。食べ方を工夫をする事をお勧めします。

忘年会で太らないコツは、タンパク質、炭水化物(砂糖)、脂質、ビタミン、ミネラルを意識して栄養素バランスを良くし食べ過ぎないように心がける事です。
意識する事は、タンパク質は多く、炭水化物(砂糖)は少なく、脂質は少なく、ビタミンは多く、ミネラルは多く。
現代の食事では過剰に炭水化物と脂質をとるようになってしまい生活習慣病が多くなっています。
昔の日本の食事は、玄米、お味噌汁、魚、漬物、酢の物、梅干しがほとんどでした。このバランスはとても身体やお肌にもとても良いのです。

  • タンパク質は魚やお肉、豆類、卵
  • 炭水化物(砂糖)はお米、小麦粉、砂糖
  • 脂質はサラダ油、肉の脂
  • ビタミンは、野菜や果物
  • ミネラルは小魚や海藻、海塩

こんな事を意識して食べるだけで違いますよ。

まとめ

炭水化物(砂糖)を多く取るとインスリンを出して一時的に中性脂肪に変えて2〜3日後に内蔵脂肪やお腹に脂肪が増えます。又、満腹の時も同じ事が起きます。つまり血糖値が上がりすぎると糖を脂肪に変えているという事を意識して食べたください。
重要!ミネラルやビタミンは糖を燃焼させる事を手助けしてくれます。食べ過ぎたら意識して多めにとりましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る