ブログ

女性の薄毛 原因

年齢によるもの

女性の健康な髪のピークは20歳といわれ、35歳くらいから徐々に衰えていき、その頃から髪に癖が出てきたハリやコシがなくなってきます。45歳前後からは白髪も増えて来る頃にはさらに髪のハリやコシがなくなり白髪と薄毛が大変気になる頃を迎えることが多いです。

もちろん加齢には個人差があります。

年齢による髪の変化は毛根がいかに健康であることが求められ頭皮の老化現象対策が必要となります。

老化現象には、毛母細胞に栄養が行き渡らなくなる現象です。つまり頭皮の老化現象です。

頭皮の老化現象頭皮のターンオーバーが遅くなってしまう事が1番にあげられます。

加齢による薄毛対策には頭皮のターンオーバーを整えることがとても重要な事です。

正常な頭皮のターンオーバーとは?

正常な頭皮のターンオーバーとはどのような事を意味するのでしょう?

それは、お肌と同じです。

よく若い子のお肌の事を「若い子は代謝がいいから」と言いますね。

代謝がいい=正常なターンオーバーとうい事です。

正常な頭皮は、29.5日のサイクルでフケとなり頭皮から離れて行きこのサイクルが健康な頭皮の証です。

特に年齢と共に頭皮のターンオーバーが遅くなってしまうと頭皮が硬くなりフケが多くなっり痒くなったりと様々な症状が出てきます。

健康な頭皮にするには?

先ほど説明したように健康な頭皮には正常なターンオーバーが欠かせない事がお分かりいただけたと思います。

健康な頭皮に必要なことは、優しく洗い上げ頭皮に潤いを残す事が大切です。

しかし、近年のほとんどのシャンプーは泡立ちが強いものが多くなり洗浄力が高くなっています。

それは、シャンプーやトリートメント、スタイリング剤などの含まれるシリコーンによるものが多いのです。

原因はシリコーンの特徴として消泡性があります。

シリコーンは、微量の添加で優れた消泡性を発揮します。

また、シリコーンは髪に付いてしまいと通常のシャンプーでは取る事が難しく1年間は取れません。

そのため99.9%の人の髪にはシリコーンが付いているためにシリコーン消泡性により優しい洗浄成分では泡が立たなく売れないのです。

当然、多くのメーカーは泡が立たなければ売れないので泡がしっかりと立つシャンプーを作るのは当然のことでしょう。

市場に出回っているほとんどのシャンプーは洗浄力が強く頭皮を傷めてしまっているのです。

シャンプーに求められる事

テレビのCMや雑誌、ネットの情報ではシャンプーで髪が綺麗になるというような情報が多くありますね。

これって変だと思いませんか?

この事に疑問を持つ方は少ないと思います。

本来シャンプーに求められていることは優しく洗い上げる事なのではないでしょうか?

髪を綺麗にするものはトリートメントのはずですね!

このような事が曲げられた情報として普通のことのようになっています。

シャンプーによる薄毛

先ほど説明したように現在売られているほとんどのシャンプーは、泡が立ちやすくする為に洗浄力が強くなっています。

シャンプーに使われている洗浄剤は、洗浄力の強い順に石油系→高級アルコール系→アミノ酸系が主流ですが、シャンプーにはあまり使われていないアミノ酸洗系よりも優しい洗浄剤で糖でできた洗浄剤があります。

糖でできた洗浄剤は、毛穴から出て来る油分を優しく取り除き油分を少し残すくらいの洗浄力なのですがこれが頭皮の潤いを与える事となり頭皮環境を整え頭皮のターンオーバーを正常化して行きます。

逆に、洗浄力が強いと、汚れ以外に頭皮環境に必要な皮脂や潤いまで一緒に洗い流してしまい薄毛が進行してしまう事がお分かり頂けると思います。

シャンプーのやり方も大切です。

シャンプーのコツをお伝えしますね。

まずは、シャンプーの前に髪をすすぎますね。この時間を約1分ほどの時間を使い頭皮についた汚れを洗い流します。

次にシャンプーをする時に必ず守っていただきたい事があります。

それは、直接頭皮にシャンプー剤をつけない事です!

シャンプーを手に取り軽く泡だてた後に毛先から泡だてその泡を頭皮に伸ばして行き優しく洗います。

決して頭皮をゴシゴシしないようにして下さい。

また、洗い流しも大切です。

おおよそ洗い流す時間は2分間くらい流しますが、襟足や耳の上などは頭頂部からだけのシャワーでは意外と流しきれていない事が多く襟足や耳の上などを意識して洗い流す事が大切です。

襟足や耳の上が痒くなるようでしたら洗い残しが原因で起こる事が多いです。

ノンシリコンシャンプーで頭皮にやさしいものを使い、このような方法でシャンプーを行うと抜け毛がおさまります。

 

薄毛が気になる方は、ご相談して下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る