ブログ

無くなった水分を取り戻すトリートメント

髪の水分量とは??

髪の毛の水分量は、だいたい11~13%程度だといわれています。

水分量が維持できればほとんどの人は、滑らかでツヤのある髪を維持できます。

しかし、間違ったヘアケア剤やカラーなどの影響、そして季節の影響などの紫外線や乾燥で、潤いとツヤのある髪の水分量を保ち続けるというのはなかなか難しいです。

髪の傷みのは、キューティクルが剥がれてしまうことから始まります。

このような状態では、キューティクルの隙間から髪の水分が失なわれ、中のタンパク質が乾燥し硬くなります。

放置すると、枝毛や切れ毛が発生して、見た目にも手触りもゴワゴワになってしまいます。

ということで、「髪の水分量を増やす」ヘアケアをご紹介します。

コーテイングしない

髪をコーティングしてしまう成分として多く使われているシリコーン。

シリコーンは、確かに髪の表面をツルツルにする成分として多く使われています。

しかし、コーテイングが剥がれる時にキューティクルも剥がしてしまい髪の水分量が減ってしまいます。

 

髪に栄養を引き上げる

髪は、微弱ながら毛根から生体水(体内の水分)を引き上げています。
生体水には、髪に必要な栄養素が含まれており髪を修復できる唯一の液体です。

これらは、髪がコーティングされた状態では上手く機能しません。
髪にもターンオーバーが有るんですよ!

メディーフォームで髪のターンオーバーを正常化!

 

 

髪の油分を取りすぎない

髪を洗う成分、界面活性剤で強い洗浄力にある物があります。
それらの成分は、髪の表面の薄い油膜まで取り除いてしまいキューティクルを傷つけます。
ちょうど肌の角質が、荒れている状態と同じです。
なるべく優しい界面活性剤で髪を洗いキューティクルを傷つけないようにして下さい。

アロマケアシャンプーで優しく洗ってください。

 

髪のメラニンを減らさない

髪のメラニンは、傷みから髪を守っている成分です。
髪のメラニンが減ってゆくと髪が傷みます。
髪の色素メラニンをブリーチなどでとってしまうと、あっという間に髪が傷んでしまうのはそのせいです。

O2サプライでメラニンを補充してください。

 

 

水分を漏らさないようにする

髪のキューティクルの表面にある薄い油膜を『メチルエイコサン酸』といい髪から水分を漏らさない為にある成分です。
これを、傷ずけてしまうシャンプーやカラー、パーマなどには気をつけてください。

ドロップスは髪から水分を漏らさないアウトバストリートメントです。

 

 

まとめ

髪のコーテイング優しくとり、髪に栄養を引きあがらせ、優しいシャンプーで油分を取りすぎず、髪にメラニンを与え、水分を漏らさないようにする。

下の写真は、施術前と施術後のブラシを使わず乾かしただけの髪です。

ジーンズが濡れたら色が変わる様に髪も水分量が変わった為髪が暗くなりました。

是非、クレッセントで、サロントリートメントから始めて下さい。

 

今ならネットでご予約での新規のお客様に限り3.000円引きでシリコーン除去トリートメントが体験できます!

通常5.400円のシリコン除去が2.400円になっております!!

是非!クレッセントで体験して見てくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓

ネットで予約

髪や頭皮についてのどんなささいな事でもご相談にお答えします。

こちらをクリック!!

 

LINEからお友達登録も可能です。

友だち追加

☎︎06-6362-1168

ネットで予約

お知らせ

■住所   大阪市北区南森町2-3-28小山ビル1F

            南森町駅6番出口北へ徒歩1分

サロンまでのアクセスのご案内 

大阪メトロ 谷町線【南森町駅】

大阪メトロ 堺筋線【南森町駅】

■営業時間  

10:00~20:00 (最終受付18:00)

■しいたけの美容液

しいたけのしずく購入はこちらから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る