ブログ

頭皮環境を整えて薄毛対策!

女性は加齢と共にホルモンバランスも変わる頃、頭皮環境も変わってきます。

「最近なんとなく髪が細くなった」

「抜け毛が増えてきた」

「以前はなかったのに髪の毛に癖が出てきた」

「頭皮が荒れるようになってきた」

これらの原因に当てはまる方は、頭皮環境が衰えているかもしれません。

このブログでは薄毛の原因や症状、改善の方法についてご紹介していきます。

加齢による頭皮の変化

加齢による頭皮の変化とは?お肌がたるむように頭皮も年齢とともにたるんできます。

頭皮がたるむとどのようになるかといいますと頭皮がたるむことにより毛穴もたるんできます。

すると毛穴の出口が曲がってしまい曲がった出口からは細い髪が生えてきたりくせ毛などの原因になる事があります。

お肌のたるみを気にされるように頭皮のたるみ改善が必要です。

しかし、様々なシャンプーには化学物質やまた洗浄力が強いものが多く頭皮をいじめていることが多いのです。

まずは、シャンプーの洗浄力についてお話しします。

よく界面活性剤は良くないと耳にしますが、決して界面活性剤は悪いわけではありません。

界面活性剤が頭皮に悪影響与える原因は?

界面活性剤の洗浄力が強い物は、頭皮に含まれている脂質を溶かし頭皮のバリアを破り洗浄成分や化学物質が頭皮の奥に入ってしまい頭皮環境が悪くなってしまう原因を作っているのです。

良い界面活性剤とは頭皮の表面についた汚れだけをやさしく洗い上げ頭皮の脂質を取り除かない程度の洗浄力を使ったシャンプーが頭皮の老化を抑えます。

頭皮の老化を抑えハリのある頭皮にするには?

先ほどもお話ししたようにお肌と同じように頭皮にハリが戻ると毛穴もきれいになり健康できれいな髪が生えてくるようになります。

ポイントは潤いです!!

頭皮に潤いを与えるってあまり聞かないですよね!

最近では頭皮につけてはいけないトリートメントがある位ですが、それでは頭皮は強い洗浄成分で洗われた後に何も潤いを与えないことになります。

それでは当然頭皮は荒れてしうことが想像できますね。

洗顔したらしっかりと潤いを与えるように頭皮にもしっかりと潤いを与えることで若々しい頭皮になり代謝も改善され行きます。

今現在、売られているシャンプーのほとんどは髪の毛をきれいにするように作られていますがシャンプーに求められる事は髪をきれいにすることではなくいかにやさしく洗いあげることが実は頭皮にも良く髪の毛にも良いのです。

またトリートメントは、頭皮にもつけられるものを選び髪と頭皮に潤いを与えるものを選ぶことがポイントです。

シンプルが1番なんですよ!

次の記事では頭皮に悪影響及ぼす成分をを紹介します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る