ブログ

40代からの女性の薄毛対策

外食が多くなると抜け毛が増える?

昔の日本では、女性の薄毛という悩みはなかったそうです。

現在は日本でも洋食を食べる習慣が多くなり偏った食事や脂っこい食べ物を多くとるようになりました。

このような食事が薄毛の原因です。

女性の薄毛が増える40代の方は食事を変えることで改善できることもあります。

日常的に外食などで洋食を選んでいると動物性脂肪を多く取りすぎたりまた、炭水化物が多くなりがちです。

こういった食事をとっているとコレステロールがたまる原因になり皮脂が、過剰に分泌することがあり薄毛の原因になる恐れがあります。

日本人に合った食生活は日本食を食べることで日本人が本来持っている髪の機能を高めます。

外食や普段の食事も和食に切り替えることをオススメします。

和食で薄毛改善

和食といっても懐石料理などでは和牛の霜降りやマグロのトロ、天ぷらなど和食でも高級になると動物性脂肪や炭水化物が多くなりがちです。

髪の毛に良い日本食は質素でシンプルなものをオススメします。

例えば、みそ汁、納豆、おつけもの、玄米、小魚、梅干し、酢の物などは髪の毛の発育に大きく貢献するものです。

まずは、お味噌汁に使われている味噌は、発酵食品の王様です。

大豆は畑のお肉と言われている位栄養価の高い豆です。

大豆の栄養素で有名な大豆イソフラボンは、年齢とともに減ってしまう女性ホルモンを補えます。

また体内で合成が難しい必こうアミノ酸が細かく分解されているため栄養吸収が高く髪への効果も期待できます。

次に、酢の物や梅干しには多くのクエン酸が含まれています。

酸っぱいものをとると体の疲れが取れると昔から言われていますが、それは細胞の中にあるミトコンドリアは細胞のエンジンみたいなものです。

このミトコンドリアにクエン酸回路と言うエンジンがあると思ってください。

このクエン酸回路にクエン酸が多く入ってくると細胞のエンジンでもあるミトコンドリアが強く働くことにより疲れの元となる乳酸も一緒に取り込んで燃焼してしまうのです。

乳酸は体の疲れの元や筋肉痛になったり肩こりになったりと乳酸が多くなってしまうと体の循環が悪くなり疲れやすくなります。

クエン酸で乳酸を減らしてしまえばリンパ液や血液はスムーズに流れるようになりこのことは髪に必要な栄養をスムーズに送れます。

次に、和食を食べなくなった現代ではマグネシウムが不足しています!

マグネシウムは大豆や玄米などの豆類に多く含まれています。

マグネシウムが体に与える影響を説明します。

例えば心臓を動かすミネラルがカリウムです。

心臓をバクバク動かしているミネラルがカリウムなのです。

カリウムが不足すると不整脈が出たりしてしまいます。

ではマグネシウムはどのような働きをするミネラルなのでしょうか?

マグネシウムは血管にあるポンプいわゆる血管から体の細胞に栄養を送り届けるポンプを動かしているミネラルです。

細胞の栄養とはブドウ糖など多くありますが血液に栄養が運ばれ最終的に体の隅々までブドウ糖などを送り出す役目を果たしているのがマグネシウムてす。

 

マグネシウムが不足してしまうと血液の中にブドウ糖が多くなり糖尿病の原因にもなってしまいます。

マグネシウムが不足すると薄毛の原因にもなる原因は毛母細胞にブドウ糖が行き渡らないということにもなりますから毛母細胞が活発に細胞分裂が行えず弱々しい髪が生えてきてしまう原因にもなってしまうのです。

お魚のことを説明します。

日本人に人気のあるマグロは昔の日本人はほとんど食べれずマグロくらい大きく力がある魚は昔の漁の方法ではなかなか取れなかったそうです。

ほとんどの日本人は、30センチ以下のお魚を多く食べておりほとんどがイワシを好んで食べていたそうです。

このイワシはすごく髪の毛に良いミネラルを多く含んでいます。

また、食物連鎖の下のほうにいる魚ですから有害な水銀なども少なく健康に良いのです。

イワシには髪の毛のケラチンを作る良質なタンパク質が多く含まれていると言われています。

またイワシの油は血液をサラサラにする効果もあります。

さらに髪の毛に必要なミネラルも豊富で育毛をサポートしてくれるのです。

動物性タンパク質は、体のタンパク質を作る上で重要な栄養素です。

またイワシの油は細胞膜などを作る大切な栄養素です。

人の体は、タンパク質と油でできていると言われています。

しっかりした細胞を作るためには、イワシは育毛には欠かせない食材なのです。

食事を変えただけでは、育毛対策はできません!

皆さんが毎日使っているヘアケア商品にはさまざまな化学物質が入っていますが、その化学物質が髪の毛や頭皮に大きく影響を及ぼしていることをご存じでしょうか?

まずはシリコーンなどのコーティング剤は髪の毛や頭皮の代謝を悪くしてしまい育毛を邪魔しているのです。

代表的なコーティング剤としてシリコーンはシャンプーやトリートメントなどに配合されており成分名はジメチコンと書かれていることが多くそれらのコーティング剤を毎日使っていると髪の毛の毛穴をコーティングし小さくしてしまうことで細い髪の毛しか生えてこなくなっています。

また、髪の毛にも代謝がある事はご存じでしょうか?

麻薬などの薬物をやっている方は髪の毛1本でわかってしまうと言うことを聞いたことがありますね。

髪の毛は体の中の毒素を出したりしていますが普段はイオン変換をしながら髪の毛を改善しているのです。

しかし、髪の毛についてしまったシリコンは、ノンシリコンシャンプーを使っても1年間取れず本来改善できる機能までをコーディングでふさいでしまいうまく改善できなくなっているのです。

近年、シャンプーには強い界面活性剤が使われています。

シリコーンがシャンプーに配合されたのは、今から25年前に販売されたリンスインシャンプーからです。

リンスインシャンプーは、シリコンを配合することであたかもリンスをしているような手触りを作り一躍ヒット商品となりました。

しかし、シリコーンの特徴として消泡性が高いことが挙げられます。

例えば、シリコーンは卵豆腐などによく配合されています。

その理由は卵豆腐を作るプロセスでどうしても混ぜていると泡が立ってしまいます。

作業効率を良くするために泡かたった卵にシリコンをふりかけると泡があっという間に消えて生産性が上があります。

また、缶コーヒーなどにも含まれています。

缶コーヒーを振ってしまうと缶の中で泡が立ちボトルを開けた時に炭酸のようにコーヒーが吹きこぼれ洋服を汚さないためにシリコーンが配合されている缶コーヒーもあります。

先ほど説明したようにシリコーンが髪の毛についてしまうと1年間取れないと言う事は、泡立ちが悪いシャンプーは売れないので泡を消してしまうシリコーンに負けないように界面活性剤が多く配合されていることが現実です。

シリコーンが髪についてしまうと1年間取れないと言う事は、今売られているほとんどのシャンプーは洗浄力が強いのです。

強い洗浄力のシャンプーは頭皮が、荒れてしまう原因にもなり、その洗浄力は食器洗いの洗剤とほぼ同じ位と言われています。

想像してみてください。

食器洗いの洗剤と同じ位の洗浄力のシャンプーで毎日、頭皮と髪の毛を洗っていると思ったら怖くなりますね。

毎日の食事などでの薄毛対策は、生活習慣を変えれば可能なことですが、シャンプーなどの化学物質による薄毛対策は正しい施術と知識が必要です。

クレッセントでは?

クレッセントでは、しっかりと化学物質を優しくに取り除き、その後のヘアケアのアドバイスもしっかりと説明させていただいております。

いろいろな薄毛対策をされてもなかなか改善されない方にオススメの頭皮改善トリートメントがあります。

クレッセントのトリートメントは、髪の毛や頭皮を傷めないで優しく化学物質を取り除く業界唯一のシリコトールがあります!

また、それらに必要なヘアケア商品をそろえております。

ぜひ、まだほとんどの日本人の99.9%の人が知らない薄毛対策トリートメントを体感してみてください。

きっとあなたのお役に立てます。

LINEからお友達登録も可能です。

友だち追加

☎︎06-6362-1168

ネットで予約

お知らせ

■住所   大阪市北区南森町2-3-28小山ビル1F

            南森町駅6番出口北へ徒歩1分

サロンまでのアクセスのご案内 

大阪メトロ 谷町線【南森町駅】

大阪メトロ 堺筋線【南森町駅】

■営業時間  

10:00~20:00 (最終受付18:00)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ページ上部へ戻る